​8.中国輸入で起こりやすいトラブル

中国取引で起こること

商習慣の違いにより、トラブルが起こることは沢山あります。
例えば、

  • ・納期が全く違う
  • ・商品がいつまでたっても届かない
  • ・届いた商品が、写真と全く違う
  • ・届いた商品が、破損していて使い物にならない
  • ・10個買ったはずが7個しか届かない
  • ・オーダーした商品と、色が違う

などなど、中国輸入でトラブルはつきものです。
日本人の感覚では、考えられないことが中国輸入では起こってしまいます。
その時に活躍してくれるのが、中国の代行業者です。
代行業者にも色々ありますので、質のいい代行業者を自ら探す必要があります。
amalessでの中国輸入の際に、検品や発送を代行していただける業者さんと提携をしておりますので、その方々は安心してご利用いただけるのではないかと思います。

このようなトラブルが起こらないように、中国輸入の代行業者さんと事前にしっかりと打ち合わせをする必要がありますね。

あとは、商品の仕入れをする際に、必ずテストで少量の仕入れから始めることをお勧めします。
儲けようと思い、テスト仕入れをせずに一気に大量購入をした。
すると、全く違う商品や色違いの商品が届いて不良在庫の山になってしまった。。。
こんなことに起こりうるわけです。

仕入れをしようとしている商品が、自分の思った通りも物なのか。
品質に問題はないのか。関税や送料など、計算通りの金額だったのか。
入念に検証した上で、本格的な仕入れを実施してください。

「だいたいこれぐらいの計算でいいや」という具合に、アバウトに諸費用を計算してしまうと、
売れたのはいいが全く利益が出なかった。
このようなことになりかねません。

大切な軍資金を無駄にしてしまうと、儲けるためにやっていることが水の泡です。
中国輸入では、慎重に慎重を重ねて調度良いと思います。

中国輸入あるある。価格競争について

やっと売れる商品をリサーチできた!と思っていても、
実際に販売をスタートすると、すぐに競合が相乗りしてきて価格が一気に下落。
利益が出ると見込んでいたものの、すぐに価格競争が起こり赤字になってしまう。
これも中国輸入ではよくあることです。
amalessのサイトにも毎日多くの方が情報収集にきていただけます。
amazonで中国輸入ビジネスを展開している方は非常に多いのです。
ライバルは山ほどいるので、このような価格競争はどこまで行っても起こってしまいます。

では、どのようにすれば価格競争から脱出できるのでしょうか。
何点か方法がありますので、ご紹介いたします。

  • ・OEM商品を作成する
  • ・他の商品と組み合わせて、セット販売をする
  • ・日本語の説明書を付属品として出す
  • ・商標権の取得をして、独占する
  • ・自ら作成した保証書をつける

OEMに関しては、
ノーブランド品にあなたの店舗名や販売者名をブランドして名前をつけて販売するわけです。
これは商品ページを独占できますので、当たれば大きいです。
OEMをしたから価格競争には巻き込まれないのですが、
細かく言うとその他類似商品との競争は避けて通れません。
同じようなものがamazonで販売されていたり、
他のサイトで販売されていることがあります。
そのため、OEMをしたから完璧なのではないことを留意する必要があります。
ただ、OEMは当たれば相当な利益が出ます。一度当たればやめられませんね。
将来的にOEMの道を選択する方は多いと思いますし、オリジナル商品の販売は小売業者に必要なことだと思います。

OEMはちょっとハードルが高いな、と思われる方はセット販売を検討してみてください。
これはOEMほどハードルが高くなく、誰でも気軽に対応できます。
売ろうしている商品と関連する商品。
例えば、懐中電灯と電池。
1つ買うと、もう1つ付いて来る。
類似商品をセット販売する。など、やり方は色々ですね。
これはノーブランド品をセット販売するだけなので、商品ページを新たに作るだけで対応可能ですし、特に難しい技術やリサーチが必要なわけではありません。

日本語の説明書に関しても同様です。
中国語の説明書を日本語に翻訳し、商品の付属品として提供するだけです。
中国語なんて、翻訳できない。と言う方は、クラウドサービスで翻訳の仕事を外注しましょう。
中国語ができる方はあなた以外に山ほどいますし、驚くほど安い値段で対応していただけます。
ここでも外注により、他の人の力を借りることが重要ですね。
自分だけで解決しようと思えば限界がありますので、躊躇わず人の力を借りていきましょう。

保証書に関しても始めるのは簡単です。
しかし、これは自ら保証することになりますので、少々ハードルが高いかもしれません。
慣れた方であれば、色々な方法により問題なく対応しておりますが、初心者でいきなりは難しいかもしれませんね。
商標権の取得に関しても、そこまで難しくはないものの、「商標の取得なんて大層な・・・」と思ってしまいますね。
これはもう少しレベルアップしてからの方がいいかもしれません。

結果、初心者で相乗りを防ぐ方法として楽なことは、
セット販売と日本語説明書の付属ということになります。
もちろん、それだけではありませんし他の方法も色々あります。
いいなと思っても、メリットデメリットがありますので、よくよく検討してから取り組んでいただくようにお願いいたします。

商標権の侵害について

中国輸入のリサーチをしていると、よく売れて安く仕入れることができる商品の中に、キャラクターグッズがあります。
例えばディズニーのキャラクター関連の商品や、ジブリやその他アニメに関する商品です。
服やドレス、着ぐるみにカバンなど、様々なアニメやキャラクターグッズが販売されてます。

この販売に関しては、商標権の侵害が懸念されます。
完全にNGであれば、amazonで販売することはできません。
しかし実際に販売されており、ガンガン売れているものも多いのが事実です。
実際には偽物やコピー商品と捉えられることもあります。
ですので、販売をする際には要注意です。実際に販売がされているので、NGというわけではありません。ここは自己責任です。売れて利益が出ている最中はいいかもしれませんが、何かトラブルが発生すればご自身で対応する必要があります。
キャラクターの著作権を握っている会社からamazonに連絡が入れば、販売中止になることも予想されますし、そのような商品ばかりを扱っていたり、販売停止を何度も繰り返していると、
最悪の場合はアカウントの停止や閉鎖にもなり兼ねません。
アカウントの停止や閉鎖は、中国輸入事業者にとって致命的です。
在庫を抱えたまま、販売ができなくなってしまいます。
しかも、停止の場合であればなんとか対処方法はあるものの、アカウントの閉鎖になれば復活は困難です。諦めざるを得ない場合がほとんどです。
amazonの独自ルールは厳しいものがあり、一度アカウント閉鎖を食らって困った方も多くいらっしゃると思います。

キャラクターやアニメ関係は売れるので扱いたくなりますね。
完全にアウトではないため、判断が難しいところです。

電気を使用する商品について

家電製品も、中国で買うと安く仕入れることができます。
その際の注意点としては、コンセントに関することです。
海外と日本はコンセントの形状が違うことが良くあります。
安いからといって確認せずに仕入れてしまい、全然使えなかったとならないように注意してください。
バッテリーの取り扱いにも要注意です。
飛行機に積むことができないケースが多いです。特にモバイルバッテリー、リチウムイオン電池などです。安いからということで、バンバン仕入れをしてしまい、失敗しないでくださいね。
船便であれば日本に運べるケースもあります。
しかし、日本に運べたからといって、販売できないケースもあります。
PSEマークがなければダメなケースもあるため、仕入れの際には十分に確認をしていただくことをお勧めしております。
PSEマークについては、こちらを参考にしてください。
http://www.jet.or.jp/consumer/pse/index.html

これらのように、中国輸入をする上での障害は様々なものがあります。
初心者には中々判断が難しいものも多いでしょうし、
amazonに言われてから気付いた!ということもよくあります。
実際に経験をしてみないとわからないものがほとんどのため、すべては挑戦あるのみです。
しかし、明らかにアウトで調べたらわかるよというものや、経験者に聞けばすぐにわかってしまいこともたくさんあります。
その意味でも、リサーチの外注をamalessに託すことは、初心者の頼りになるのではないでしょうか。

メルマガ希望は、
「メルマガ希望」とメール送信
↓ ↓ ↓
《 リサーチ 代行・外注 amaless 》
info@amaless-research.net
http://amaless-research.net